開放的な学校での教育

高等学校で造船を学ぶ事ができる

開放的な学校での教育 日本はかつては造船王国だったとされます。品質が良く価格も安かったからです。しかしアジアなどで安くて品質の良い造船が作られるようになると、日本の割高の船は敬遠されるようになります。そのことから一部においては造船メーカーも造船から撤退するような動きもありました。しかし日本は海に囲まれていますから、日本において船の需要が全くなくなるわけではありません。高度な技術はこれからも残されていくのでしょう。

かつては造船のことを学べる高等学校も多数あったのかもしれませんが今はかなり数が減っています。それでも造船科がありますからそちらでは学ぶことができます。まずは船の構造などを学ぶことになります。浮いていればいいわけではなく、効率的な構造でないといけません。荷物を満載にすることもあれば何も積まずに航行することもあります。どちらでも安定するためにはどのような構造が好ましいのかなどが研究されることになります。

造船に関する特別な資格を取得できるわけではありませんが、造船のときに必要になる計算技術、情報技術、ガス溶接の資格などを取得することができます。老舗の造船工場とのインターンシップもあり、そちらに就職する人も多いです。

オススメワード



Copyright(c) 2022 開放的な学校での教育 All Rights Reserved.