開放的な学校での教育

高等学校の航空系のコースならパイロットになれるか

開放的な学校での教育 将来なりたい職業としてはパイロットがあります。ではどのようにしたらパイロットになることができるかです。パイロットには資格が必要なのですが、いわゆる旅客機などについては機種ごとに資格が必要とされています。ですからある機種の資格しか持っていない場合はその機種しか操縦することができません。複数持っていれば複数の機種の操縦が行えます。自動車の免許のように思うことがありますが、共通になるような資格はないようです。

それは飛行機ごとに運転方法や計器類の位置などが異なるからです。一つの航空機の操縦のライセンスが取れれば、その後は操縦方法や計器類の見方がわかれば取得できます。日本の高等学校に航空系のことが学べるコースがありますが、こちらでは主に航空整備についての専門家を養成することになります。パイロットになりたい、飛行機を操縦したいとして入学する人もいるようですが、在学中においてそのようなカリキュラムはないようです。

しかし身近で飛行機を見て、計器類や電子制御のことなども学びます。これらはパイロットになる上では重要な知識になってきます。となると無駄な知識ではないでしょう。卒業だけではパイロットにはなれませんが、将来の夢には近づけそうです。

オススメワード



Copyright(c) 2022 開放的な学校での教育 All Rights Reserved.