開放的な学校での教育

高等学校で国際コミュニケーションを学べるコース

開放的な学校での教育 中学や高校において外国語といえば英語学習があります。文法や英単語を理解し、主に英文の読解を行います。最近になってリスニングであったり、会話などの重要性が高まってきているのですが、まだまだ大人数での授業のため浸透していない部分もあります。諸外国に比べると、英語を母国語にしていない人の英語力があまりついていないとも言われます。今は自分で英語力を養わないと英語の力を付けられないケースが多くなっているようです。

高等学校において国際コミュニケーション科があります。英語を外国語として学んでいることから、英語や、英語文化の学習を主に行う科になります。高校ではどうしても文法などに注目しがちですが、実際に住んでいる人はどういった生活をしているかなどを学ぶことで、諸外国のことをもっと知ることができます。英語圏の国だけでなく、日本との関わりが強いアジア圏について学ぶこともあります。韓国語や中国語などの学習をするところもあります。

普通科との違いとしては、少人数制のクラスを利用してより語学、会話力、コミュニケーション力を付けられるようなカリキュラムになっているようです。しっかりとした英語力を付けたい場合には選ぶのにいい科になるのでしょう。

オススメワード



Copyright(c) 2022 開放的な学校での教育 All Rights Reserved.